トップ keyboard_arrow_right 学術集会速報 keyboard_arrow_right ESC

高度頸動脈狭窄に対する頸動脈内膜剥離術 vs ステント術: ACST-2試験

ACST-2試験より、高度の頸動脈狭窄を有する無症候性患者において、頸動脈内膜剥離術(CEA)と頸動脈ステント術(CAS)後5年の身体障害を来す/致死性脳卒中の発症率は同等であったことが、イギリス、University of OxfordのAlison Halliday氏により、ESC Congress 2021のHot Lineセッションで発表された。

ACST-2試験では、2008年1月から2020年12月に33ヶ国の130施設より登録した頸動脈に高度狭窄(超音波検査で≧60%)が認められ、CASとCEAのいずれも適すると判断された無症候性患者3,625人をCAS群(1,811人)、又はCEA群(1,814人)に無作為に割り付けた。 両群の患者背景に差はなく、平均年齢は約70歳、男性が70%を占め、30%が糖尿病を有していた。両群とも80-90%の患者が抗血栓薬、降圧薬、脂質低下薬を使用していた。 5年の追跡で、手技関連の死亡/身体障害を来す(mRS 3-5)脳卒中...