トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right Circulation

心血管疾患、または糖尿病患者における腎機能によるイコサペント酸エチルの効果: REDUCE-IT試験

REDCUE-IT試験より、心血管疾患、又は心血管リスク因子を有する糖尿病患者において、イコサペント酸エチルはベースラインのeGFRの広い範囲の患者において心血管イベントを抑制したことが、アメリカ、Lahey Hospital and Medical CenterのArjun Majithia氏らにより、11月30日号のCirculation誌で報告された。

REDUCE-IT試験ではスタチン治療を受けており、トリグリセリド値が高い(135-499mg/dL)心血管疾患、又は心血管リスク因子を有する糖尿病...