トップ keyboard_arrow_right ジャーナル keyboard_arrow_right JACC Intervention

CTO-PCIの再試行におけるsubintimalプラークモディフィケーションの影響

CTO-PCIが不成功に終わり、再度PCIが試みられた症例において、初回治療時に達成されたガイドワイヤ通過によるsubintimalプラークモディフィケーション(SPM)は、再治療の高いテクニカル成功率と関連していたことが、中国、Zhongshan HospitalのXin Zhong氏らにより、7月25日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

Zhong氏らは、CTO-PCIが不成功に終わり、その後同じ施設で再び治療が試みられた連続患者208例を後ろ向きに解析し、再治療成功の予測因子を検討...