トップ keyboard_arrow_right 特集 keyboard_arrow_right Meet the Trialist

STOPDAPT-2 ACS試験からDESの留置を受けたACS患者における抗血小板療法を考える

STOPDAPT-2 ACS試験では、冠動脈にDESの留置を受けた患者において、1ヶ月DAPTは12ヶ月DAPTと比べて出血イベントは抑制したものの、心血管イベントの増加傾向が認められたことが報告されました。

 
この結果を踏まえて考えるACS患者への至適DAPT期間、及び本試験の臨床的意義について、本試験を実施した京都大学の渡部宏俊氏に伺いました。 本結果について率直なご意見をお聞かせください。想定していた通り、あるいは異なる結果だったのでしょうか。 本研究は階層的検定を採用しており、本来は主要評価項目の非劣性を達成した後、心血管複合エンドポイントの非劣性、出血エンドポイントの優越性、主要評価項目の優越性と検定を進めて達成できればよいと思っておりましたが、最初の非劣性検定も示されなかったという...