2020年 7月アクセスランキング

TCROSS NEWSの2020年7月のアクセスランキングを発表いたします。

1
【期間限定無料公開中】日本の実臨床における大腿膝窩動脈病変に対するDCBの周術期の安全性: POPCORNレジストリー
実臨床の2,000例を超える大腿膝窩動脈疾患に対するEVT症例を登録したPOPCORNレジストリーより、本邦におけるパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療の実態が、森之宮病院の川﨑大三氏により、CVIT2020 Online Late Breakingセミナーで発表された。

詳細はこちら>>

2
【期間限定無料公開中】複雑な冠動脈の分岐部病変に対する2ステント vs プロビジョナルステント: DEFINITION Ⅱ試験
DEFINITION Ⅱ試験より、複雑な冠動脈の分岐部病変に対して、システマティックな2ステント術はプロビジョナルステント術と比較し、1年の標的血管に関連するMIと臨床由来のTLRの割合が低かったことが、中国、Nanjing First HospitalのShao-Liang Chen氏により、PCR e-CourseのLate-Breaking Trialsセッションで発表された。

詳細はこちら>>

3
Master of the Masters Live
分岐部病変、石灰化病変、完全閉塞、左主幹部。複雑病変ほど、術者のスキルが試されます。Master of the Mastersは、どのように治療するのか。一流のテクニック、治療戦略を是非ご覧ください。

詳細はこちら>>

4位 【期間限定無料公開中】複雑なPCIを受けた患者における1ヶ月DAPT: STOPDAPT-2試験事後解析
STOPDAPT-2試験の事後解析より、複雑なPCIを受けた患者においても1ヶ月の2剤の抗血小板療法(DAPT)後のクロピドグレル単剤による治療は、12ヶ月のDAPTと比較して、虚血と出血の複合リスクを低下させたことが、京都大学の渡部宏俊氏により、The Week for JCS 2020のClinical Researchセッションで発表された。

詳細はこちら>>

5位 Master of the Masters LIVE [Bifur.]
多枝病変を有する患者の石灰化を含むLM分岐部病変に治療を行い、良好なアウトカムへと導いたマスターの治療戦略に注目ください。

詳細はこちら>>

6位 The Bailouters
7位 This is Real -ExperienceからEvidenceへ-
8位 うっ血はしっかり解除!利尿薬抵抗性にどう対処するか?
9位 非ST上昇型ACSの高齢患者における血行再建術 vs 薬物療法: RINCAL試験
10位 大腿膝窩動脈病変に対するスコアリングバルーンを用いた治療の効果
11位 非保護LM疾患に対するPCIの予後と術者の経験の関連
12位 冠動脈のステント内再狭窄病変に対するDCB vs DES: DAEDALUS試験
13位 CTO病変と多枝疾患を有する患者におけるCABG vs PCI
14位 日本人の大腿膝窩動脈病変に対するRanger DCB vs PTA: RANGER Ⅱ SFA試験日本コホート1年追跡
15位 安定狭心症患者におけるFFRガイドのPCIの予後への影響: SCAAR
16位 IVUSカテーテルを使用して計測するFFR(UFR)の精度
17位 The Bailouters: 右冠動脈起始異常によるガイディングカテーテル挿入不能への対処法
18位 日本の実臨床の大腿膝窩動脈疾患患者におけるZilver PTX vs Viabahn: SCALLION試験
19位 ExpertのTOOL BOX: ペリフェラルインターベンションにおける石灰化病変への挑戦
20位 大腿膝窩動脈の高度石灰化病変に対するOrbitalアテレクトミー+DCB vs DCB