J-RAS試験を読み解く

LINC 2015では、アテローム性腎動脈狭窄を有する日本人患者において腎動脈ステント術(RAS)の有効性を検証したJ-RAS試験の結果が発表されました。

TCROSS NEWSでは、本研究結果を発表した岸和田徳洲会病院の藤原昌彦氏に、本試験について伺いました。