日本人の重症大動脈弁狭窄症患者における自己拡張型CoreValveを使用したTAVR: CoreValve Japan試験中期成績

CoreValve Japan試験より、手術に高リスクの日本人の重症大動脈弁狭窄症患者における自己拡張型CoreValveを使用したTAVR後の中期追跡で、臨床的、及び機能的改善は持続していたことが、大阪大学の鳥飼慶氏により、第81回日本循環器学会学術集会のLate-Breaking Clinical Trialsセッションで発表された。