冠動脈のデノボ病変に対するDES留置においてステントサイズが成績に与える影響

冠動脈のデノボ病変に対するDESの留置において、大きなステント径の選択は、良好な手技、及び臨床成績に関連していたことが、アメリカ、Stanford University School of MedicineのHideki Kitahara氏らにより、10月号のCirculation: Cardiovascular Interventions誌で報告された。