SPINACH研究を読み解く

末梢血管内治療(EVT)は、血管外科医のみならず、多くの循環器内科医も治療に従事し、治療テクニックやデバイスの開発が続いている発展途上の領域である。国内の23施設が参加し、重症虚血肢(CLI)に対する外科的血行再建術とEVTによる治療の3年成績を比較したSPINACH研究の結果がCirculation: Cardiovascular Interventions誌に掲載された。TCROSS NEWSでは、本研究の筆頭著者である関西労災病院の飯田修氏に取材した。