閉塞性冠動脈病変を有さないST上昇型ACS患者の長期予後と死因

冠動脈に≧50%の狭窄(閉塞性病変)を有さないST上昇型ACS患者の長期の死亡リスクは、閉塞性病変を有するST上昇型MI患者と比較し同等以上であったことが、デンマーク、Copenhagen University HospitalのHedvig Bille Andersson氏らにより、1月7日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。