冠動脈へのAbsorb BVS留置5年後のneoatherosclerosis: ABSORB EXTEND試験より

ABSORB EXTEND試験より、冠動脈へのAbsorbエベロリムス溶出生体吸収性スキャフォールド(BVS)の留置から5年後にneoatherosclerosisの発現が認められたことが、Shonan Kamakura General HospitalのNoriaki Moriyama氏らにより、5月1日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。