大腿膝窩動脈疾患に対するバルーン形成術後の造影上の解離の分類と臨床成績

大腿膝窩動脈病変に対するバルーン形成術後の造影上の重度の解離は再狭窄に関連するものの、軽度の解離の影響は認められなかったことが、Saiseikai Yokohama City Eastern HospitalのNorihiro Kobayashi氏らにより、4月号のJournal of Vascular Surgery誌で報告された。