EVTにおける解離修復用Tackシステムの有効性: TOBA Ⅱ試験

W_Gray氏

TOBA Ⅱ試験より、末梢血管疾患に対するバルーン形成術後の解離に対し、Tackシステムを使用することで、将来的な治療選択を温存する手技が行えることが、アメリカ、Lankenau Heart InstituteのWilliam Gray氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。