PCI後の残存炎症リスクの臨床成績への影響

PCIを受けた患者において、高頻度で高感度CRP(hs-CRP)高値の持続が認められ、高値の持続は1年の全死亡、及びMIのリスクに関連していたことが、アメリカ、Icahn School of Medicine at Mount Sinai HospitalのDeborah N Kalkman氏らにより、12月7日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。