PCI Bailout Seminar

あなたはどうする!? ~ 備えあれば憂いなし ~

想像してみよう。静かな当直の夜に、食事を済ませ、このまま朝を迎えたいと思う中、院内のPHSが鳴り始めた。「先生、これから緊急患者さんが運ばれてきます。準備をお願いします。」との連絡である。準備が整い5分後に運ばれてきた患者さんの状態からはAMIが疑われ、緊急造影を行うと高度石灰化を伴う閉塞部が確認された。第1術者を務める上司は、昨日から出張中である。迷わず緊急PCIを決断し、手早く血栓吸引を済ませ、デリバリー性能に優れたDESを選択するが、手前の屈曲で石灰化にステントが阻まれた。先にも進まず、抜くこともできない。「抜けない・・・」、思い切りカテーテルを引くとバルーンは抜けたものの、これまで経験したことがない感触が手元に残った。ステントとバルーンが明らかに別の位置にあることが造影から読み取れた。ステントを脱落させてしまった。隣でコメディカルスタッフが騒ぎ始める。「先生、どうしましょう?」・・・・

医師 限定コンテンツ
このコンテンツは会員限定です。
ログイン/会員登録
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。2009年から、皆様のお役に立つコンテンツを継続的にお届けしております。
主なコンテンツ
  • 01
    FREE
    論文
    NEJM、JACC、Circulationなど、最新論文の日本語要約を毎週ご紹介
  • 02
    FREE
    業界ニュース
    新薬、新デバイスなどの領域特化の最新情報をまとめてチェック
  • 03
    世界の学術集会速報
    ACC、ESC、日循など、テクロスが取材した速報をどこよりも早くお届け
  • 04
    オリジナル動画・記事
    カテーテル手技解説、ガイドライン、診療報酬改定など、領域特化のオリジナルコンテンツ
  • 05
    オンラインカテーテルライブ
    豊橋デモンストレーションコース、Japanese Bifurcation Clubなどの提携ライブにご招待
TCROSS NEWSの閲覧には会員登録が必要です
一部コンテンツは有料プラン向けとなっております。プラン詳細>>
まずは無料で会員登録!
循環器内科医を中心に、6,000名以上の医師にご登録いただいています!