迷走する腎デナベーションの行方~ACC.14の注目試験に迫る~

2014年1月にメドトロニック社が、治療抵抗性高血圧に対するSymplicity腎デナベーションシステムを評価するSYMPLICITY HTN-3試験において、安全性は示されたものの、有効性は示されなかったことを公表し、日本を含め、各国で治験の患者登録が中断されることが発表された。このSYMPLICITY HTN-3試験の結果がアメリカ、ワシントンD.C.で開催中のACC.14にて、Brigham and Women’s Hospital Heart and Vascular CenterのDeepak L. Bhatt氏により発表された。

TCROSS NEWSでは、現地より本試験の結果を報告し、本邦のエキスパートに試験結果と今後の影響についての見解を取材した。

 
欧米の試験結果のみでデバイスの効果を判定するのではなく、日本独自の有効性と安全性の...
 
続きはこちらから >>
すべての患者に適用ができる治療法ではないということであろう...
 
続きはこちらから >>
結果のみから眉唾というには早計で、効果が得やすい患者と(効果が)得にくい患者が存在する...
 
続きはこちらから >>
たくさんの“should”に満ちている、それが第一印象である。...
 
続きはこちらから >>
本試験で示された降圧効果がアブレーション本来の効果であるか否かは...
 
続きはこちらから >>

腎デナベーションの背景 >>