冠動脈疾患の評価におけるOCT由来のFFRの有用性

中等度から高度の冠動脈狭窄病変でOCTイメージより算出されたFFRは、FFRと強い相関を示したことが、Ehime University Graduate School of MedicineのFumiyasu Seike氏らにより、11月15日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。