PCI後のルーチンな造影追跡の影響: メタ解析

メタ解析より、PCI後のルーチンな造影追跡は臨床追跡のみと比較し、再血行再建のリスクを上昇させるものの、MIのリスクを低下させることが、アメリカ、University of KentuckyのNaoki Misumida氏らにより、1月号のCirculation Journal誌で報告された。