最小限の侵襲で実施したTAVR後翌日退院の予測因子とその後の臨床成績

大腿動脈アプローチで最小限の侵襲によるTAVRを受け、合併症が認められなかった患者では、翌日退院は安全であることが、アメリカ、Emory University School of MedicineのNorihiko Kamioka氏らにより、1月22日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。