低リスクの重症大動脈弁狭窄症患者におけるTAVR vs SAVR: NOTION試験5年追跡

NOTION試験より、外科的手術にリスクの低い重症大動脈弁狭窄症患者において、TAVRと外科的大動脈弁置換術(SAVR)による治療後5年の追跡で全死亡、脳卒中、MI、及びそれらの複合の割合に差はなかったことが、デンマーク、Copenhagen University HospitalのGustav Horsted Thyregod氏により、ACC.18のFeatured Clinical Researchセッションで発表された。