【JATS 2018】実臨床におけるTAVRの成績

第71回日本胸部外科学会定期学術集会では、Rapid Responseセッションに続き、TAVRに関する一般口演セッションが設けられ、座長を日本大学の心臓血管外科、田中正史氏が務め、5人の演者より各施設におけるTAVRの成績や合併症のリスクなどに関する研究結果が発表された。