EVTにおいてパクリタクセルを使用したデバイスで死亡リスクが上昇? ~ESC 2006バルセロナのファイヤーストームを彷彿~

2018年12月に世界中のカテーテルインターベンショニストを驚かせた無作為試験のメタ解析結果がJournal of the American Heart Association誌に掲載された。この解析からは、パクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)、パクリタクセル溶出ステント(DES)で治療された患者では2年以降に死亡リスクが上昇することが示され、新たなブレークスルーテクノロジーに物議を醸すこととなった。