医療業界の変革で岐路に立たされる循環器専門施設 Vol.2 ~循環器専門病院の誕生~

1977年にスイスで第1例目の治療が実施された経皮的冠動脈形成術(PTCA、PCI)は、1980年以降に日本でも普及しました。2000年代には全国に循環器専門の医療機関が設立され、昨今では年間症例数が25万例を超えるまでに至っています。本稿では、短期間で成長したカテーテルインターベンションの導入から今日までを振り返り、外的環境の変化が業界にどのような影響を与えたのか、そして、今後直面する状況や求められる変化について検討していきます。

導入期:循環器専門施設の誕生 1990年代後半から2000年

1990年代から2000年代前半に入り、市場が成長期から成熟期へと突入し、次々に新しいデバイスが現れた。国内にPCIの医療材料を提供する海外メーカーが増え、輸入製品のみならず国産メーカーも開発に成功したことで、製造元から卸売業者そして施設への納品価格が下落し、施設は中間業者とともに多大な収益を得ることができた。

このコンテンツは
ゴールドプラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。2009年から、皆様のお役に立つコンテンツを継続的にお届けしております。
主なコンテンツ
  • 01
    FREE
    論文
    NEJM、JACC、Circulationなど、最新論文の日本語要約を毎週ご紹介
  • 02
    FREE
    業界ニュース
    新薬、新デバイスなどの領域特化の最新情報をまとめてチェック
  • 03
    世界の学術集会速報
    ACC、ESC、日循など、テクロスが取材した速報をどこよりも早くお届け
  • 04
    オリジナル動画・記事
    カテーテル手技解説、ガイドライン、診療報酬改定など、領域特化のオリジナルコンテンツ
  • 05
    オンラインカテーテルライブ
    豊橋デモンストレーションコース、Japanese Bifurcation Clubなどの提携ライブにご招待
TCROSS NEWSの閲覧には会員登録が必要です
一部コンテンツは有料プラン向けとなっております。プラン詳細>>
まずは無料で会員登録!
循環器内科医を中心に、6,000名以上の医師にご登録いただいています!