新着ニュース

ページ

meeting

COMPARE-Pilot試験より、実臨床の大腿膝窩動脈病変に対するRangerパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)とIN.PACT DCBの2年の一次開存率は同等であったことが、ドイツ、University Hospital LeipzigのDierk Scheinert氏により、LINC 2019で発表された。

meeting

Lutonixパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)の本邦における市販後調査(LUTONIX Japan PMS)より、実臨床の日本人の大腿膝窩動脈疾患患者において、Lutonix DCBによる治療後6ヶ月のTLR回避率は97.3%と高く、安全性の問題は認められなかったことが、福岡山王病院の横井宏佳氏により、LINC 2019で発表された。

meeting

Lutonixパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)を評価した臨床研究のメタ解析において、Lutonix DCBは糖尿病患者においても非糖尿病患者と同等の有効性を示したことが、ベルギー、AZ Sint BlasiusのKoen Deloose氏により、LINC 2019で発表された。

meeting

IN.PACT Global試験より、実臨床の複雑な大腿膝窩動脈病変を有する患者において、IN.PACT Admiralパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療後にステントの留置を受けた患者と受けていない患者で3年の臨床由来のTLR回避率に差はなかったことが、ドイツ、University Heart Center Freiburg-Bad KrozingenのThomas Zeller氏により、LINC 2019で発表された。

ページ