新着ニュース

medical

ハイリスクの僧帽弁閉鎖不全症患者において、MitraClipによる治療後5年の補整死亡リスクは、外科的手術と同等であり、保存療法と比べて低かったことが、オランダ、St. Antonius HospitalのFriso Kortlandt氏らにより、6月号のCirculation: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

topics

2018年6月27日、海外留学を目指す若手医師に向けた「米国医学留学のすべて」、「海外医学留学のすべて」の著者である島田悠一氏(コロンビア大学)による講演会が横浜市立大学において、横浜市大グローバル推進部門と医学教育推進部門の共催のもと開催された。

medical

CLIに対して血管内治療(EVT)を受けた透析患者において、WIfI分類は予後予測に有用であることが、Saiseikai Yokohama City Eastern HospitalのTakahiro Tokuda氏らにより、6月号のJournal of Vascular Surgery誌で報告された。

medical

6つの研究のメタ解析より、ACS患者におけるエベロリムス溶出生体吸収性スキャフォールド(BVS)による治療は、エベロリムス溶出ステント(EES)による治療と比較し、デバイス血栓症とTLRのリスクが高かったことが、イタリア、San Giovanni di Dio e Ruggi d'Aragona University HospitalのRoberta De Rosa氏らにより、7月1日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。

medical

SYNTAX Ⅱ試験より、冠動脈の3枝疾患患者において、CTを用いてFFRCTから算出した機能的SYNTAXスコア(FSS)は侵襲的な評価によるFSSと類似していたことが、オランダ、Academic Medical Center of AmsterdamのCarlos Collet氏らにより、6月19日号のJournal of the American College of Cardiology誌で報告された。

medical

メタ解析より、PCIを受けるハイリスク患者において、Impellaデバイスの使用は、手技、及び血行動態を改善したことが、カナダ、McGill UniversityのJamal Ait Ichou氏らにより、6月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。

medical

複雑な冠動脈の分岐部病変に対するプロビジョナルステント術後の、キッシングバルーンテクニックを施行せずPOT+側枝拡張+再度POTの流れで治療するrePOTプロビジョナルステント術は有効であったことが、フランス、Cardiovascular Hospital and Claude Bernard UniversityのFrancois Derimay氏らにより、Epub ahead of print版のEuroIntervention誌で報告された。

medical

ネットワークメタ解析より、大腿膝窩動脈疾患患者においてDCBの成績は良好であるものの、切断と死亡に関してはバルーン形成術(PTA)と差がなかったことが、アメリカ、MedStar Washington Hospital CenterのEdward Koifman氏らにより、6月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。

topics

2018年6月20日: テルモは、末梢動脈疾患治療用のKanshasパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)が、CEマークを取得したことを発表した。

topics

2018年6月15日: メドトロニックは、長いSFA病変を治療するための200mmと250mmのIn.Pact Admiralパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)のFDA承認を取得したことを発表した。

ページ