新着ニュース

meeting

VERNACULAR試験より、腸骨、大腿静脈の閉塞性病変に対するVenovo静脈ステント留置後1年の一次開存率は88.3%と良好であったことが、アメリカ、The University of Arizona Health SciencesのMichael Dake氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

新規のBレーザーアテレクトミーシステムのFIM試験より、下肢病変に対する本システムを用いた治療は、安全、且つ有効であることが、アメリカ、Adventist Heart and Vascular InstituteのJohn Laird Jr氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

PERFECTレジストリーより、実臨床において、勃起障害(ED)を改善するための骨盤動脈に対するインターベンションの実用性と有効性が示されたことが、台湾、National Taiwan University HospitalのTzung-Dau Wang氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

MIMICS-3Dレジストリーの中間解析より、複雑な背景を有する患者の大腿膝窩病変に対し、BioMimics 3Dステント留置後12ヶ月のTLR回避率は約90%と高く、ステントフラクチャーは認められなかったことが、ドイツ、University Heart Center FreiburgのThomas Zeller氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

DETOUR Ⅰ試験より、Detourシステムを使用した経皮的バイパス術は、非常に長く複雑な末梢血管疾患を有する患者において、静脈の状態を保ちながら、優れた長期の安全性と耐久性を示したことが、アメリカ、Rocky Mountain Regional VA Medical CenterのEhrin Armstrong氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

 
meeting

TOBA Ⅱ試験より、末梢血管疾患に対するバルーン形成術後の解離に対し、Tackシステムを使用することで、将来的な治療選択を温存する手技が行えることが、アメリカ、Lankenau Heart InstituteのWilliam Gray氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

大腿膝窩動脈病変に対するStellarexパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)の成績を評価したILLUMENATE試験より、女性患者と男性患者で12ヶ月の一次開存率に差はなかったが、一次開存率の予測因子は異なっていたことが、アメリカ、University of CaliforniaのMaureen Kohi氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

ラスベガスで開催中のVIVA 18の3日目にVascular Career Advancement Awardの授賞式が行われ、関西労災病院の飯田修氏が日本人として初めて受賞した。VCA Awardは、VIVAとLINCから次世代の血管領域のリーダーに贈られる賞であり、飯田氏のこれまでの臨床・研究活動が世界でも認められた。

meeting

IN.PACT SFA試験の5年追跡から、IN.PACT Admiral パクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)の長期にわたる安全性と有効性の持続が確認されたことが、アメリカ、Adventist Heart and Vascular InstituteのJohn Laird Jr氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

meeting

IMPERIAL試験のサブ試験より、長い大腿膝窩動脈病変に対してもEluviaパクリタクセル溶出ステントによる治療後1年の成績は良好であったことが、アメリカ、Lankenau Heart InstituteのWilliam Gray氏により、VIVA 18のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。

ページ