新着ニュース

ページ

meeting

ISCHEMIA試験より、解剖学的な冠動脈疾患の重症度が高いほどイベントリスクは高いものの、虚血の程度、解剖学的重症度にかかわらず侵襲的治療によるイベント抑制効果は示されなかったことが、アメリカ、St...

meeting

CIAO試験より、虚血を認めたものの閉塞性冠動脈疾患の認められなかった(INOCA: Ischemia with No Obstructive Coronary Artery Disease)症候性の...

meeting

NCDR LAAOレジストリーより、実臨床におけるWatchmanデバイスを使用した左心耳閉鎖術は、臨床研究と比較してリスクの高い患者が対象であったものの、院内イベントの割合は低かったことが、アメリカ...

meeting

Global EXPAND試験より、実臨床における一次性僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対するMitraClipによる治療は、臨床試験よりも早期の成績が良好であったことが、アメリカ、University o...

medical

無作為試験のメタ解析より、冠動脈疾患の治療において、パクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)の使用は、末梢動脈の治療で報告されたような死亡の増加に関連せず、むしろ死亡率を低下させる傾向が確認された...

medical

TRITON-TIMI 38試験より、ACSでステント留置を受けた患者において、強力な抗血小板療法はステント血栓症のみならず、新規のアテローム血栓性イベントを抑制したことが、アメリカ、Harvard ...

meeting

UK TAVI試験より、80歳以上、あるいは外科手術のリスクが中等度以上の70歳代の重症大動脈弁狭窄症患者において、外科手術と比べてTAVRは1年の全死亡の評価で非劣性であったことが、イギリス、Uni...

meeting

TICO試験より、Orsiroシロリムス溶出ステント(SES)の留置を受けたACS患者において、3ヶ月の2剤の抗血小板療法(DAPT)後のチカグレロル単剤による治療は、チカグレロルベースの12ヶ月DA...

topics

6月4日(木)から6日(土)に宮城県仙台市で予定されていた第29回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT 2020)が、COVID-19の感染拡大の影響を受け開催延期を発表した。新たな日程等は...

meeting

AUGUSTUS試験より、ACS/PCI後にP2Y12阻害薬と抗凝固薬で治療を受ける心房細動患者において、30日以上のアスピリンの併用は、虚血イベントの抑制に有意な効果はないものの、出血リスクを増加さ...

ページ