新着ニュース

ページ

medical

包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)患者の膝下動脈病変に対し、IVUSガイドのEVTは造影ガイドと比較して、SPPの改善が有意に大きく、合併症発生率、TLR回避率は同等であったことが、Kishiwada...

medical

5つの研究に含まれた約8,500人の患者の統合データより、FFRを基準とし非責任病変の血行再建がdeferされたACS患者は、安定狭心症(SAP)患者と比較して、1年のMACE(死亡、非致死性MI、予...

medical

アメリカの約190万人のMedicareデータより、PCIにおいてIVUSの使用率は5.6%と低かったものの、IVUSの使用は長期予後の改善に関連していたことが、アメリカ、University of ...

medical

冠動脈にCTO病変が認められた患者において、良好に発達した側副血行路は、心筋の瘢痕の小ささと機能の温存に関連しており、心筋が機能不全であるものの高度瘢痕化しておらず、心筋の機能改善の見込めるviabi...

video

バルーンを拡張できない強い石灰化病変に対してロータブレータが使えないときの一手とは?カッティングバルーン拡張のコツやステント内で使える戦略などを紹介いただきました。 演者: 藤田 勉 氏(札幌心臓血...

special

東京都の75歳以上の高齢者100万人以上のレセプトデータを基にした研究からは、約64%の患者が5種類以上の薬剤を処方されていたとの結果が報告されています*。特に高齢患者では処方される薬剤の数が増え、...

meeting

プライマリーPCIを受ける患者において、非梗塞関連動脈にCTO病変が認められると、CTO病変が認められない患者と比較して、30日、及び5年の死亡リスクが有意に高いことが、セルビア、Clinical C...

meeting

REAL-CAD試験のサブ解析より、日本人の安定冠動脈疾患患者において、高用量のピタバスタチンは出血性脳卒中のリスクを上昇させることはなく、一方で、CREDO-Kyoto出血リスクスコアの高い患者では...

meeting

ESC Congress 2020の2020 ESC Guidelines on Non-ST-Segment Elevation Acute Coronary Syndromesセッションにて、ガイ...

medical

ストロングスタチンに加えたEPA、又はEPA+DHAによる治療は、スタチン単剤による治療と比較して、ACS患者の非責任病変の線維性キャップの厚さ(FCT)を有意に増加させることはなかったが、FCTの薄...

ページ