新着ニュース

ページ

medical

ADAPT-DES試験より、IVUSガイドによる冠動脈へのDESの留置は、造影ガイドと比較し、2年の追跡においてMACE、MI、ステント血栓症のリスクが有意に低かったことが、アメリカ、Columbia University Medical CenterのAkiko Maehara氏らにより、11月号のCirculation: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

medical

OPEN-CTOレジストリーより、LVEFが<30%の患者では≧50%の患者と比較し、健康状態の改善度は小さかったものの、LVEFにかかわらずCTO-PCIの成功により健康状態に改善が認められたことが、アメリカ、Saint Luke’s Mid America Heart Institute and University of Missouri-Kansas CityのYevgeniy Khariton氏らにより、11月26日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

topics

2018年12月6日: テルモは、PTCA用バルーンカテーテルRyureiを12月5日に日本で発売したことを発表した。

medical

COMFORTABLE試験より、FFR値がグレーゾーン(0.75-0.80)の病変を有する安定冠動脈疾患患者において、DESによるPCIの実施は薬物療法と比較して、長期追跡でTVF(心臓死、MI、虚血由来のTVR)の割合が低かったが、心臓死、MIの割合に差はなかったことが、Wakayama Medical UniversityのTakashi Kubo氏らにより、12月号のCirculation Journal誌で報告された。

medical

BIOLUX試験より、冠動脈のBMS、又はDESのステント内再狭窄病変に対するパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)とDESの治療で、6ヶ月のlate loss、並びに18ヶ月のTLFの割合に差はなかったことが、ドイツ、Elisabeth Krankenhaus EssenのChristoph J. Jensen氏らにより、11月号のEuroIntervention誌で報告された。

topics

第4回目となるPCR Tokyo Valvesが2019年2月15日-17日に開催されます。コースディレクターを務める林田健太郎先生にプログラムの見どころを伺いました。特別価格で参加できる事前登録・グループレジストレーションの期限は12月15日です。

topics

2018年12月4日: ハートフローは、ハートフローFFRCT解析(以下、FFRCT)が、12月1日より厚生労働省から保険適用を受けたことに伴い、アメリカより創設者兼最高技術責任者であるチャールズ・テイラー氏が来日し、都内で記者発表会を開催した。

topics
VI-Today®(Vascular Intervention Today)誌では、国内外の学術集会における発表の取材記事、最新のデバイス情報、先生方のインタビュー記事等を掲載しております。                                                                   

TCROSS NEWSでの速報のみではお伝えできなかった詳細なデータも図表を加えてご紹介しています。

 

medical

メタ解析より、冠動脈疾患患者において、ストラットが<70µmの薄さの新世代のDESは、第2世代のDESと比較して1年の臨床成績が良好であったことが、アメリカ、New York University School of MedicineのSripal Bangalore氏らより、11月13日号のCirculation誌で報告された。

medical

IN.PACT Global試験の事後解析より、通常無作為試験から除外される複雑な大腿膝窩動脈病変を有する患者においても、IN.PACT Admiralパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療後12ヶ月の臨床由来のTLR回避率は90%以上であったことが、アメリカ、Ohio Health/Riverside Methodist HospitalのGary M. Ansel氏らにより、12月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。

ページ