新着ニュース

ページ

topics

TCROSS NEWSの2020年6月のアクセスランキングを発表いたします。

meeting

治療抵抗性高血圧患者において超音波ベースの腎デナベーション(RDN)を評価した無作為試験であるRADIANCE-HTN SOLO試験より、シャム手技群への割り付けから約2年後のRDNでもRDN群と同等...

meeting

スウェーデンの全PCI症例を登録しているSCAARより、2016年以降、OCTガイドとIVUSガイドのPCIの割合は同程度であり、OCTガイドとIVUSガイドによるPCIの死亡、MI、再狭窄、ステント...

meeting

SCALLION試験より、日本の実臨床の大腿膝窩動脈病変に対するEVTにおいて、Zilver PTXステントはViabahnステントグラフトと比較して5年までの一次開存率は低かったものの、ステント血栓...

meeting

日本の実臨床において、複雑な背景を有する大腿膝窩動脈疾患患者へのLifestent Soloステント留置後の2年の再狭窄率は約60%であったことが、小倉記念病院の平森誠一氏により、CVIT2020 O...

medical

DAEDALUS試験より、冠動脈のステント内再狭窄病変(ISR)に対する薬剤コーティッドバルーン(DCB)による治療は、BMSのISRではDESによる治療と同等の有効性と安全性を示し、DESのISRで...

medical

実臨床でPCIを受ける患者において、ARCのHBR基準は出血リスクの高い患者のみならず、血栓リスクの高い患者も同定できたことが、アメリカ、Icahn School of Medicine at Mou...

meeting

大規模な後ろ向き研究より、CTO病変と多枝疾患を有する患者において、CABGと比較し、PCIでは5年の死亡/MI/脳卒中のリスクが有意に高かったものの、SYNTAXスコアⅡでPCIが推奨される患者、及...

meeting

e-Ultimasterレジストリーより、分岐部病変に対してUltimasterシロリムス溶出ステント(U-SES)の留置を受けた患者において、1年のTLFの割合は約5%であり、POTを施行することに...

meeting

14の無作為試験のメタ解析より、安定虚血性心疾患患者において、保存的治療と比較してルーチンな血行再建は生存率を改善せず、周術期のMIのリスクを上昇させるものの、非周術期のMI、並びに不安定狭心症のリス...

ページ