新着ニュース

ページ

topics

CPACでは、技術力と発想力でEVT領域を牽引するエキスパート自身が開発したテクニックを解説するテクニカル教室が設けられており、今年は、時計台記念病院の浦澤一史氏、済生会横浜市東部病院の平野敬典氏、春...

special

アメリカのCedars-Sinai Medical Centerに留学中の落合智紀氏に、前編では同施設や現在のお仕事について伺いました。

medical

PCI後の安静時の圧較差(Pd/Pa)は、MACE(死亡、MI、TVR)のリスクに関してFFRと相関し、術後のPd/Pa≦0.96はMACEの独立予測因子であったことが、アメリカ、Rutgers Ro...

medical

HAWKEYE試験より、ステント留置によるPCIで完全血行再建に成功した患者において、術後のQFR≦0.89はその後の有害イベントの予測に有用であったことが、イタリア、Azienda Ospedali...

topics

TCROSS NEWS会員17,000人の皆様による2019年11月のアクセスランキングを発表いたします。

medical

Japanese CTO-PCI Expertレジストリーの約6,000例のCTO-PCI症例より、ガイドワイヤの通過成功率は約93%、ワイヤ操作時間の中央値はワイヤ通過成功例で56分、不成功例では1...

topics

CPAC 2019にて医療従事者向け英語コミュニケーションプログラムMEDiCO(メディコ)のランチョンセミナーが開催された。MEDiCOは、国際的な学術集会での発表、ライブデモンストレーションのコメ...

medical

DKCRUSH-V試験より、非保護LM分岐部病変に対するPCIにおいて、ダブルキッシング(DK)クラッシュステント術は、プロビジョナルステント術と比較して3年の追跡でもTLF(心臓死、標的血管に関連す...

medical

家族性高コレステロール血症患者において、幼少期のスタチン治療の開始は成人期の心血管疾患のリスクを低下させたことが、オランダ、Amsterdam University Medical CentersのI...

meeting

ISCHEMIA試験にフォーカスしたAHA Scientific Sessions 2019のLate Breaking Scienceセッションでは、ISCHEMIA試験の結果を発表したJudith...

ページ