新着ニュース

ページ

medical

DECISION-CTO試験より、CTOに対するPCIの成功率は約90%と高かったものの、PCIを施行しなかった患者と比較して、4年の主要心血管イベントの割合に差はなかったことが、韓国、Asan Me...

medical

6つの無作為試験のメタ解析より、腎デナベーション(RSD)はシャムコントロールと比較して血圧を有意に低下させることが、アメリカ、Warren Alpert Medical School at Brow...

meeting

豊橋、名古屋、岐阜ハートセンターにおける末梢血管内治療(EVT)のデータより、段階的なバルーン拡張は重度の解離の発生を抑制するとの結果が示されたことが、4月15日に開催されたCPAC 2019の企業向...

medical

日本の多施設が参加したSM-01試験の3年追跡より、大腿膝窩動脈病変に対するSMARTステントは、標準的なバルーン形成術(PTA)と比較して、3年の一次開存率が高かったことが、Kansai Rosai...

medical

SAKURA AFレジストリーより、異なる患者背景を有する心房細動患者において、DOACの過少用量の投与は標準用量と比較し臨床イベントのリスクに差はなかったが、過剰用量の投与では脳卒中/全身性塞栓症/...

special

前編では、ニューヨークのMount Sinai Beth Israelにレジデントとして勤務されている工野俊樹氏に、留学に至るまでの経緯について伺いました。

meeting

KCJL 2019のSHDの基礎講座セッションにおいて、帝京大学の渡邊雄介氏より、TAVR歴を有する患者にPCIを施行する上で留意すべきことが解説された。

meeting

第17回近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)が、4月11日(木)から13日(土)の3日間にわたり大阪のナレッジキャピタルコングレコンベンションセンターにて行われる。ライブデモンストレーションが中...

medical

EXCEL試験より、PCI、又はCABGを受けるLM疾患患者において、ベースラインのCRP高値は、血行再建の種類にかかわらず、3年の死亡/MI/脳卒中のリスクに関連していたことが、アメリカ、Cardi...

medical

複雑病変に対し、IVUSガイドのPCIは造影ガイドと比較し、長期の心臓死のリスクを低下させたことが、韓国、Sungkyunkwan University School of MedicineのKi H...

ページ